スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のお嫁さん 

original 2

轟「確かにお前の父さんは確かに良い嫁だが、いや、それがすでに語弊っつうかなんつうか……」

 御伽は両親を見て父親のようなお嫁さんになりたいと思っている。
 そして母親のような旦那さんが欲しいと思っている。
 轟はそんな孫にとりあえずなにか違うんだよ…って伝えたいけど、なんて言えばいいのか分からないままである。
 灯幸の良妻スキルが高すぎるが故である。



 雪音と灯幸は後に夫婦になり、桜子の旅館「氷室亭」を引き継ぐ。
 経営は上々。雪音が女将。灯幸は仲居頭。灯幸はそのポジションに関してなにも異を唱えないし周りも一切違和感を感じていない。
 轟は旅館経営で忙しい雪灯夫婦の代わりに御伽の面倒を見ている。
 御伽はあまり両親に構ってもらえないけれど、おじいちゃん大好きだしみやげもいるしで全然寂しくないのでとても良い子に育っている。
 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropolis372.blog35.fc2.com/tb.php/995-6c3f92f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。