スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSコピペパロ その8 


 久しぶりなCSコピペ第8弾!!
 追記より!!


マキ:「そうさ100パーセント勇気〜 もうがんばるし〜かないさぁ〜」と表情ひとつ変えずに口ずさみながらゴキジェットプロ片手にGに挑む聖裏さんを見て、今の彼女なら確実に仕留めるだろうと確信しました



椎那「朝、目覚ましを消そうとして一生懸命隣で寝てたモモ太の頭をチョップしてた」



晴太「みたらし団子ごっそさんでした‼」
マキ「美味しかったですか?」
晴太「おう!とってもうまかった‼
すげえみたらされた‼」

みたらしがまさか動詞になるとは…



椎那:「私オムライス食べられないんですよねぇ~だって卵割ったらヒヨコが死んじゃうじゃないですかぁ~」より、ナギの「椎那さんがオムライスに描いてくれたケチャップの絵が可愛いから、食べるのが勿体無いです」の方が女子力高い気がする



クラスト:この前ナギの研究に使うルミノール運んでいたのですが、不注意で角から来た晴太さんにかけてしまいました。
幸い快く許してくれましたが、暗い深夜の任務に出た途端晴太さんが青く、それは青く空より青く、美しく光り輝きました。



晴太「いいか?本当に恐ろしいのは『大抵のことは笑って許し、しっかりして要領がよく、周りから慕われて視野が広く、気配り上手な人』がキレた時だ。
アレは本当に怖えぇ。死人が出るかと思った」
聖裏「…晴太さん、マキに何したんですか?」



聖裏:最近ツイッター始めた樹イ鎖に「アイコンの卵孵化した?ちゃんと暖めないと死んじゃうから気を付けてね。エサも忘れずに」と教えたら、PCの検索履歴に「ツイッター エサ やり方」「孵化 出来ない」「卵 がんばれ」ってすごい調べてて面白いからもう少しほっとく事にする



晴太:縷々にプロポーズするつもりで「落ち着いたら一緒に相撲」って変な変換のメール送ってしまった。
「どすこい」って返信が来た。



晴太:昨日、椎那が叫んでた「オロナミンでもCあるのに!」がじわじわ来てる



晴太:「こら!人を指さすな!」って樹イ鎖を注意したら「何でだよ!じゃあ何でこれは人差し指って言うんだ!詐欺だ!」ってキレられた



晴太:この間ジャムの瓶のふたが開かなくて椎那が困っていた。「あけようか?」と聞くと「大丈夫です!」と。余計なお世話だったかと思い、踵を返したら「えい!えい!」というかけ声の後に野太い声で「エイシャオラァ!」と聞こえて以来疑心暗鬼になった



影之:腹立たしいこと表現としてガンジーうんぬんがあるが、クラストで例えると「破魔になるレベル」「ナギを振り切るレベル」「オメガめがけて助走つけて殺すレベル」となるのか



聖裏:スーパーにて
クラスト「きゅうりはどこでしょうか?」
マキ「ここですよ」
クラスト「ありがとうございます!晴太殿がヨーグルトに入れたいそうで。不思議ですね」
マキ「確かに珍しいですね」

クラストがその場から去った後、
「キウイだ…!」
と言ってマキが走り出した。



【女性から「この草食動物が!」と言われた時の反応】
晴太「装飾…飾りのことか?」
影之「毒のある肉は食わないだけだ」
静「ああ、ごめん」
樹イ鎖「女は花だから草食で良いんだよ」
三人「おお…」



聖裏:小さい頃、すのが「ねーねーすのねーぶどうってえいごでなんていうかしってるよ!!!」と言うので、あらどこで覚えたのかしらと思いながら聞いてみたら
「キョホウ!!!!!!!」
って言われた。



晴太:恋人の作り方を聞いてみたら
静『iPS細胞で作成』
影之『ここに静摩擦係数μの彼女を仮定する(空気抵抗はないものとする)』
ナギ『水35L、炭素20kg、石灰1.5kg、リン800g、命一つ…』
という奴しか周りにいない



マキ:携帯がカレーに刺さってしまいました。あまりにも見事に直立していたので、記念に撮ろうと思って携帯探したらカレーに刺さっていました。



聖裏:依頼人とナギの会話
「お客様は神様だろ!」
「お客様は人でなく神様なのですか?」
「そうだ!神様だ!」
「刑法199条『人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する』」
「は?何を言」
「もう一度『だけ』伺います。お客様は人ではなく、神様なのですね?」
怖い



ナギ:駅伝で「今年で陸上生活を終えます」って実況されてる選手、
   海に還るんですかね?
 


椎那:ナギが電車で「席どうぞ」ってお婆さんに譲っていた。「まだそんな年じゃないですよっ!」と機嫌悪くなるお婆さん。そんなお婆さんにナギは、「ただのレディーファーストですよ、お姉さん」とウィンク。お婆さん赤面。あたしも赤面。客席全体がわりと赤面。



すの「♪きみをじてんしゃのうしろにのせて~
ブレーキいっぱいにぎりしめて~
ゆっくり ゆっくり 火をつける~」
樹イ鎖「………ちょっと違うな」



晴太「俺が悪かった。ごめん」
ナギ「ちゅーしてくれたら許します」
晴太「ちゅー……?」
ナギ「馬鹿ですね地面に決まってるでしょう」



晴太:銭湯の脱衣所で携帯電話を見てたら従業員に「すみませんお客さん、ここでケータイはちょっと…」「何でだよ?」「その、カメラが…」「??」「最近多くて…」「…まさか」「はい…そのまさかでして」「…お、男が?」「はい、男を…」「男が!?」「男を!!」



椎那:3人で買い物行ったときクラストが「私はこれがいいと思います」っていいながら目の前の商品取った後、その隣にいたナギが「私はこれー」っていいながらクラストを抱きしめてた。相変わらずやなあ。



晴太:会議室で一人グーフィーの真似してたら後ろに離磨がいた



聖裏:じゃんけんで私に負け続けたすのが、半べそで『さとなんかじゃんけんよわくなるようにたなばたのときにたんざくにかいちゃうからね!』と斬新な脅し文句を言ってきた。受けて立つわ。



椎那:晴太さんが出先で恋人が自転車の二人乗りしてるのを注意してた。「彼女の事を本当に大切にしているなら二人乗りなんて危険なことさせるなよ。二人でおしゃべりしながらゆっくり歩くのも悪くないぞ」って言っててちょっと見直したわ…



よる:晴太に「マジヤバい」を使うのを禁止にしたら、「本格的に強い」を多用し始めた



晴太:影之に歯の治療をしてもらったんだが治療を受けている最中、口の中に妙な違和感があることに気付いた。しこりのような気持ち悪い感じの。で、動けないから何とか舌でそのしこりを取ろうとしてたんだが影之が「それ、俺の指だぞ」



マキ:キャラ弁を作りました。晴太さん、昼に驚くでしょう。上位ハンターがアンパンマンのお弁当です。怪我しないで帰ってくるようになるまでアンパンマンの刑です。



晴太:中庭でマキがよりによって花の慶次のマンガをすのに読み聞かせてる。しかも演技派。何故そのチョイス。俺含め回りが爆笑こらえてるらしい。つらい。咳払いで誤魔化してる聖裏、多分限界近い。「どこまで傾く気だ!」ってお前がだよマキ、やめてくれ。



晴太:影之と2人でファミレスに入ったら店員に『ご結婚お決…ご注文お決まりでしょうか?』と言われた。



影之:ドライバーは押す力が80%でまわす力は30%だ、まめちしきな
静:ドライバー回す為に己の限界を超えなければならないの?



晴太:協会で稼働しているナギ作のルンバがすごいなついてきて「なにこれ可愛いなww」と思ってたら汚れセンサーというものが搭載されているらしい



聖裏:アイスを買おうと思って並んでたら樹イ鎖とすのが「俺抹茶」「すのは…えー…うーん」「はやく決めろよ」「んーチョコミントといちご… どっちにしよう」「悪い、抹茶やめてチョコミント、あと苺ひとつ」「えっ」「半分ずつ 食えばいいだろ」
癒されたわ。



聖裏:すのがアンパンマンのぬいぐるみ指差しながら「うんぱんまん」と言ってクラストが「運ぶのですか」と言って笑いそうになったけど、その後カレーパンマンのぬいぐるみ指差して「キャリーパンマン」と言ってクラストが「彼も運ぶのですか」と言って笑った」



離磨:「Gは常に地面を這っているから、自分が飛べる事を知らず、追い詰められた時に自分の力に気付き、空を飛ぶと同時にIQが300を超えるらしい。ヤツがこの覚醒状態になる前に仕留めなければ、我々に勝ち目はない」
椎那:「あ、うん。害虫駆除手伝うよ」



晴太:機嫌の悪いナギを宥めるためにノリで「キから始まってスで終わるものはなにか分かるか?」とか聞いてみたら「貴様を殺す」と即答してきたから逃げるように協会を出た



マキ:食堂で椎那さんが一人でお昼を食べていました。一口食べた瞬間、ハッとして急に手を止め、どうしたのかと思っていたら、冷静に「いただきます」と手を合わせてました。少し可愛かったです。



影之:そういえばこの間、訓練中に「ハブに噛まれた!」と晴太か連絡があったんだよ。きつく縛って一刻も早く俺の所へ来るよう言ったら、ハブを縛って来た。



晴太:『あ!ここ隠すとイケメンに見えます!』って言われてナギに両手で顔全部タオルで覆われた。



影之:
【脈アリ確認テスト】
1.髪を触っても嫌がらない
2.名前を呼んでも嫌がらない
3.俺達付き合わない?と言っても否定しない
4.耳元で名前を呼んでも反応がない
5.手首に触れても何も感じない
全てに当てはまる相手は脈がないぞ!速やかに蘇生措置を行え!



縷々:結婚式招待状の返信用ハガキの「メッセージ」の欄って何を書けばいいのかしら。”裏切り者に死を”とか書いたらいいの?



影之「どうしたんだ、深刻そうな顔をして」
晴太「ちょっと悩んでるんだ、ほっといてくれ」
影之「そうか…話は変わるが、少し生え際後退したよな」
晴太「話変わってねえぞ…!」



晴太:大人の余裕を持ち合わせているから、かっぱえびせんも途中でやめられるし止められる。輪ゴムで封までできる



椎那「痛かったら手を挙げて」
ナギ「痛くない時は?」
椎那「手を下げて」
ナギ「幸せな時は?」
椎那「手を叩こう」
ナギ「どうにもならない時は?」
椎那「手を尽くそう」
ナギ「…辛い時は?」
椎那「手を取り合って行こう!」
ナギ「椎那さん…!」



マキ:「弱肉強食」を「□肉□食」の穴埋めで出題すると「焼肉定食」にされます。
だから「弱□強□」にしてドヤった私に「弱中強切」でまさかの扇風機にした晴太さんに惜しみない賞賛を送りたいです……



影之「お前の風邪はどこから?」
椎那「私は喉から…」
影之「寝てろ!!!!!」
ナギ「私は頭…」
影之「寝てろ!!!!!!!!」
晴太「俺は…」
影之「寝てろ!!!!!!!!!!!」



椎那:クラストがナギに「私が年取ってボケて、クラストのこと忘れたらどうする?」と聞かれて「そうしたら…友人から始めましょう。必ずまた愛しあえると思います」と答えたらしい。ナギは泣いたらしい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropolis372.blog35.fc2.com/tb.php/1055-18b58ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。