FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG嫁と色々 

hg-06.jpg

おとぎ「いい、クラスト。もしもあまひさに特性発動を狙ってギリギリまで体力減らされたり道具の節約とか言われてHP真っ赤のまま放置されたりしたらすぐに戻ってきなさい」
ナルガ「それってモロにうちのリーダーよね」
アカムル「分かってやっているのか……;;;!!!」
おとぎ「あんたは別よ
アカムル「おい;;;!!!!!」
クラスト「あの……;;」
ナルガ「ま、リーダーはリーダー、あんたはあんたってことね。無理しない程度に頑張ってきなさい」
クラスト「は、はい……;;」

 そんな感じの旅立ちだったんじゃないかと思われる。
 現在はバッチ6つめまでゲットした!! 
 手持ちは ヒノアラシ(♂・アダシノ)クロバット(♂・オロチ)ゲンガー(♂・ライアー)スピアー(♂・クラスト)ハッサム(♂・ディグニ)ランターン(♀・アイーシャ) になった。
 毒タイプが何気に半数を占めている件。地面タイプに果てしなく弱い面子である。
 アダシノは何処まで進化させずにいけるか試してる。でもヒノアラシのままでもミカンちゃんとか倒せたからこのままいけるんじゃないだろうか……!!
 
 追記で落書き色々!!

 

続きを読む

スポンサーサイト

HGの嫁 

hg-05.jpg

 SSから嫁を連れてきたよ!!
 真面目で物音に敏感なスピアー(♂)のクラスト。

 hg-03.jpg
hg-04.jpg

 これからどんどん愛でていく予定である。

クラスト「あまひさ、私は♂なのですが……」
あまひさ「性別なんてこの際どうでもいいそれよりとっととバッチを8個集めたいと思いながらもしばらくはよそよそしくも健気に尽くす嫁を堪能したいというジレンマが終わらないんだがどうすれば」
クラスト「(本当にこの人は大丈夫なのだろうか……)」
 
 今考えてる手持ちはバクフーン・クロバット・ゲンガー・スピアー・ランターンで、もう一匹はハッサムかブイズにしたい所存。ハッサムだと虫が被るんだよな……!! 氷タイプも欲しいかもしれない。
 
 

唐突に 

hg-00.jpg

 ポケモンがやりたくなって、急遽中古でHGを購入してきた!!
 HGでは男主人公で行こうと思う。名前は「あまひさ」である。最近ゲームの男主人公の名前はこれにしている。
 今回も最初のパートナーはヒノアラシである。オーダイルにしようかと思ったが、やはり御三家は炎タイプがいい。
 手持ちは今のところヒノアラシ(アダシノ♂)ズバット(オロチ♂)ゴース(ライアー♂)の3匹である。
 あとはスピアーとかハッサムとかランターンを加えたいと思っているのだが、恐ろしいことに気がついた。
 hg-01.jpg
 HGにビードルは出ない。
 後々おとぎから卵かビードルを送ってもらおう。
 SSのおとぎとは友人関係。多分「スピアーを愛でる会」とかの同志だと思う。おとぎが友人として付き合ってるのはあまひさがヒビキに似てるからということも大いにあると思われる(おとぎはヒビキにベタ惚れ中)
 アダシノはアカムルと入れ違いになった個体とか、そういう感じなんじゃないかとボンヤリ考え中。
  

 追記から返信!! 遅くなってすみません!!!!

続きを読む

久しぶりに 

img253.jpg

 彼らに会いたくなってSSを起動したら、手持ちが先頭ナルガ最後尾ゆでたまご(ブーバー)それ以外すべて卵というありさまだった天薙です。感動もなにもねえ。
 明らかに卵ランニング中だった。しかも孵化させてみたら全部ヨーギラスでやたらと歩数がかかった。もはやどんなバンギラスにするつもりだったのかも分からないのでとりあえずボックスに保留である。

 久々のポケ擬なので改めて紹介すると、左から→アカムル(バクフーン♂)ナルガ(ピジョット♀)ロクショウ(スピアー♀)ウカムル(デンリュウ♂)レックス(赤いギャラドス♀)ダオラ(カイリュー♀)
 本当に久々である。特にレックスは年を跨ぐレベルの久々加減で服を忘れてたほどである。設定と比べるとかなり違うな……!!
 旅メンバーでバトルタワー行ってみたら三周が限界だった件。そんなもんだったっけか……!!
 アカムルがひたすら噴火してウカムルがひたすら放電してた。ロクショウはマスコットです。

 自分の環境が怒濤の勢いで変わっていっても、カセットの中では変わらずにずっと彼らがいるんだなあと思うとなんだか不思議な感じがした。


 久々ついでに追記で発掘したウカアカ。

続きを読む

(久々な)ポケ擬スキット連打 

ダオラ「最近ぜーんぜんバトルしてなくって、ダオラつまんないー!!」
ナルガ「最近のバトル、フロンティア専用で育成された子たちが頑張ってるものねえ」
ロクショウ「ミネルバ、すごく速いし、強い、よ」
ナルガ「エアルもタイプ的にすごく活躍してるものね。若いっていいわー」
レックス「フン。どちらも倒れるときは1撃だがな」
ダオラ「レックスだって電気4倍じゃん」
レックス「貴様は氷4倍であろう。我は特性と木の実で補っている」
ダオラ「べーっ!!」
ロクショウ「ダオラも、レックスも、十分強い、よ?」
ナルガ「ま、フロンティアだとなかなかそうもいかないってことね(煎餅バリバリ」

 一回だけ奇跡的に50連勝達成できたので、もう、いいかな、って。
 ミネルバ→フーディン エアル→エアームド



おとぎ「チッ、なかなか性格一致しないわね。卵たたき割って先に中身調べたいわ」
アカムル「短気を起こすな;;!! 厳選とはそういうものだろう;;;」
おとぎ「別に3Vだの4Vだの粘ってないのよ。1Vで十分だってのにどうして出ないわけ? ミツハニーの再来?? 舐めてんの???(ブチブチ」
アカムル「おい、マスター少し落ち着いて……」
おとぎ「あと3個割っても出なかったらあんた一日ミニスカよ」
アカムル「どうしてそうなる;;;;;!!??」

アズマ「え、ヨーギラス? うちでよければタマゴ作りましょか?」

 1つ目で3Vヨーギラスとか信じられない!!
 最近八坂がますますタケシ(ブリーダー)化してて、もう。

おとぎ「じゃ、次はガブリアスね(卵用意」
アカムル「マスター、人には向き不向きがあるとそろそろ悟るべきだ;;;;」



ウカムル「フロンティアかー。懐かしいねー、前はボクとか普通に出てたもんね(笑」
ヨウハク「あのときが一番楽しかった気がするな」
ウカムル「個体値とか意識し始めると普通に楽しめなくなるよねー。それでもアカムルは無謀にもずっと出張ってたけど(笑」
アカムル「やかましい;;;!!!」
ヨウハク「勇敢な性格のバクフーン……素早さが下がる性格は痛いな」
アカムル「知るか;;;;!!!」
ウカムル「スカーフ巻いても結構素早さ負けしてるしねー。カメ―ルのアクアジェットとか(笑」
アカムル「あれは先制技だろう;;;!!!!」
ウカムル「まったくさー、でんこうせっかと同威力の技でやられるとかホント勘弁してほしいよ」
アカムル「あの時俺にとどめをさしたのはカメールのアクアジェットじゃなくてお前の放電だぞウカムル;;;!!」
ヨウハク「ああいう時に限って急所に当たるものだな」
ウカムル「ホント、空気読んでよ(笑」
アカムル「お 前 が だ !!」 

 バトルでもとばっちりなリーダー。



ウカムル「アルファってバシャーモだけどさー、バシャーモって“劣化猿”って呼ばれてるんだよね(笑」
アルファ「ああ、知っている」
ウカムル「ゴウカザルだっけ? まあ仕方ないよ、猿と軍鶏じゃあねー(笑」
アルファ「何が言いたい?」
ウカムル「だからさー」
アカムル「ウカムル!!! それ以上はよさないか!!!」
ウカムル「ん? 何を??」
アカムル「悪質な絡み方をするな!!!」
ウカムル「アハハハハッ、ボクの勝手でしょ?(笑) なに、そんなにだーい好きな先輩に本当のこと言われて腹立ったの?」
アカムル「ウカムル……っ!!」
アルファ「アカムル、落ち着かないか」
アカムル「しかし、先輩っ」
ウカムル「あーはいはい、分かった分かった。ボクはもう行くから。仲良くしてれば?(笑」
アカムル「おい、ウカムル!!」
アルファ「(素直じゃないというか……なんだかんだ口は立ってもまだまだ青いガキだな)」

 先輩は全部お見通し。

──

 久々に滾って思わずポケ擬スキット。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。