スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトルさんから!!!! 

itorusamayori love

「ねぇ雪音ちゃん、私次あっち行きたいわ♪」
「んぁ? ラルフがそうしたいなら、付き合うよ」



 イトルさんより相互絵を頂きました!!!!!!

 エロス先生ことラルフ先生&雪音でリクエストしたら予想以上のなにかが私の中で破裂した。
 というよりも雪音が美人すぎてどうしようか!!!!(何
 ラルフ先生が相変わらず色っぽくてどうすれば!!!!!(黙
 2人でショッピングとか、すごく、美味しいです。
 ラルフ先生に洋服コーナーで着せ替え人形にされている雪音とか滾る。
 下着コーナー行ったらとか、私はいかがわしい路線でしか想像できないのだg(ry
 
 だがあえて言おう。最終的に主導権は雪音が握るだろうと。 

 ラル雪ラルの心意気!!!! 精神的に表面上はラル雪でもその裏で実際は雪ラルだと言い切る。
 だって、雪音は総攻めだk(黙


 なんだかいかがわしい発言ばかりだな!!!! やらしかばってん!!!!!!
 それほどまでの攻撃力があったんだ……っ!!!!

 イトルさんありがとうございました!!!!!

 

スポンサーサイト

イッツンとロン!! 

78.png

イツ「ヘイ君高い高い!」
ロン「まぁお前よりでかいのは当たり前だろ」
イツ「?当たり前なの?」
ロン「そりゃお前、俺は大人でお前はガキなんだからな。
   俺のほうがでかくて当たり前」
イツ「でもロイス君の方がヘイ君よりおっきいよ?」
ロン「…」(無言で足から手を離し)
イツ「わきゃっ!!!」(落ちた)
ロン「その話題に触れんじゃねぇ…落とすぞテメェ」
イツ「うにゅ…ごめんなさぁぃ…」




 影ノ虚さんよりイツニィくんとロンのコラボ絵を頂きました!!!!!!
 イツニィくんが可愛すぎるため、以後私は彼をイッツンと呼ばせていただこう(何故
 
 というか肩車に本気で禿げ萌えた。
 ロンの低身長に関する話題はNG。たとえ相手が子供でも、男なら容赦ない。
 落とすという前に落としてる辺りがロンである(何 
 ちなみに話題のロイスさんは189㎝とのことで。
 ロンは会話する際にロイスさんを見上げることになると思われる。それでだんだん話をしてると首が痛くなってきて眉をひそめ始めるロンに気を遣って、ロイスさんが屈んでくれるとか希望(何
 それにますます仏頂面になったりな!!!!!!(うるせえ byロン
 ああくそロイスさんと絡みたいつうかいつか絡んでやる(黙

 そしてイッツンがロンを本名の「黒龍(ヘイロン)」の方で呼んでくれたことに 狂 喜 !!!!! 
 ロン自身が時々忘れるという本名。「ヘイロン」と発音しにくいので最初の自己紹介の時くらいしか名乗らないため。
「ヘイ君ヘイ君!!」
「……ああ、オレか」
「もう、ヘイ君! 自分の名前忘れちゃだめだよ!!」
「本名の方で呼ぶ奴があんまいないからな」
「じゃあ、ヘイ君が自分の名前を忘れないようにずうっとそう呼ぶね!!」
「そうか」
 みたいな感じで!!!(何が
 

 しかし私はイッツンに癒された(何そのキモイ笑顔 byミコ
 
 影ノ虚さんありがとうございましたーーーーーー!!!!!!

 

うちの163㎝(内5㎝上げ底)を!! 

IMG_000207.png

(オレよか小さいのもいるんだな)





 ハレタカさんがロンを描いてくださった!!!!!! うおおおおおありがとうございます!!!!!!

 ブローインさんと一緒というのも私的至福!! ブローインさん凛々しくて大好きだ!!!!!!
 ブローインさんは150㎝ほどだそうで。ロンの方が下駄を履かなくとも8㎝大きい。でも相手は女性なのでそれほど感動はないと思われる(うるせえ byロン
 だってロン、お前クミコちゃんよりチビなんだz(ゲフッ(下駄が顔面ヒット
 出不精でやる気のないロンをブローインさんに是非ともけっ飛ばしていただきたい(やだな byロン

 ハレタカさん本当にありがとうございましたーーー!!!!!!!


 
 

御伽とヤツフサくん!! 

otogi yatuhusa


御伽「やつふさのおじちゃんは、おかーさんとしりあいなのですか?」
ヤツフサ「まぁな。お前の父ちゃんとも知り合いだぞ?」
御伽「そうなんですか?」
ヤツフサ「おう。でも、最近はまったく会ってねぇな・・・。」
御伽「?何でですか?」
ヤツフサ「約束破っちまってさ。顔向けできねぇんだよ。」
御伽「!やくそくやぶっちゃったんですか?!」
ヤツフサ「まぁ・・・かなり前のことだけどな。それでも絶対やぶっちゃいけなかった約束だけあって、・・・会いにいきずれぇんだよ。」
御伽「そうなんですか・・・ここにひとりでさみしくないのですか?」
ヤツフサ「大丈夫だ。御伽とかみやげとかこうやって来てくれるし、他にも沢山の友達がいるからな。」
御伽「おとぎもみやげも、やつふさのおじちゃんのおともだちですか?」
ヤツフサ「・・・そうに決まってんだろ?」



 番さんから御伽&ヤツフサくんをいただきましたーーー!!!!!!  
 御伽がめちゃんこ可愛いんだがどうすればいいんだ……!!!!!
 そしてヤツフサくんがええ兄ちゃんになってワイルドかつ相変わらず可愛くてどうすればいいんだ……!!!!!!(知らんがな
 さりげなくみやげも一緒で!! 御伽とみやげはいつも一緒にいるのでなおさら微笑ましい……!!!!!
 
 完全に神化して不老不死になってしまったヤツフサくん。現在は24歳の姿。
 「不死にならない」という雪音さんとの約束を破ってしまった彼は、もう雪音さんに会う権利などないと思っていて。そんな風に語る彼を見て、御伽はどう思うのか。泣きそうな顔をしてそう言う彼を、御伽はどうに感じるのか。
 

 以下は完全に私の妄想設定

 
 氷室亭はこちらの世界の要で、世界を繋ぐ祠が安置されている。十二神将たちがかつてその地を守っていたのも、その祠を守るため。
 御伽はその祠から道を開く力を持っている。それは神殺しの巫女と神子の血が入り混ざった御伽だからこそできることで、雪音や灯幸は開くことはおろか通ることもできない。むしろ祠にそんな力があることも知らない。みやげは十二神将なので通ることができる。
 御伽はそこから別世界の境界線まで行って、ヤツフサくんと会ったんだろうな……
 ヤツフサくんはずっとそこで世界を見ていたから当然御伽のことも知っていて、出会い頭に思いっきり抱きしめてくれたらいい。御伽は最初すごい驚いたり戸惑ったりしたけど、ヤツフサくんが泣きそうな顔をしてるのを見てポンポンと頭を撫でたり。
 その動作が雪音を彷彿とさせて、ヤツフサくんはどうしようもなく泣きたくなりそうだ。
 それから御伽は頻繁に遊びに行くようになると思われる。
 でも雪音には内緒。雪音は御伽がどっかへ遊びに行っているのは分かっているが、本人が内緒にしたがっているので深くは追求しない。灯幸は御伽が何処へ行って誰と会っているのか知っている。
「雪音殿は、気になりませぬか?」
「何がだ?」
「御伽がどこへ遊びに行っているのか……誰と会っているのか……と」
「ま、危ない場所じゃなさそーだしな。それに――私は行けない場所だからよ」
「!! 雪音殿、もしかして存じて――」
「お、客が着いたみてーだぞ。とっとと出迎えるか」
「……雪音殿」
 知っているのか知らないのか。そんな微妙な態度で。

 
 ああくそ語ったら一気に妄想が広がった……!!!!
 12年後……美味しいな……!!!!!


 本当にありがとうございましたーーーーーー!!!!!!!


 

向井さん宅から強奪!!! 

hiyuki.jpg

 儚く優しく
 少しだけ不器用に微笑んで




 SchoolDaysの企画に参加されている向井さんが灯幸を描いてくださった!!!!!!!
 向井さんといったらあのインフィニティくんの親御さんではないか!!!!!!
 クール&イケメンなインフィニティくんにガッツリ惚れているその他大勢の一人天薙ですが何か?(還れ
 だって、インフィニティくん格好いいのだもの。インコク大好きだもの(殴

 そんな向井さん宅のブログで灯幸を発見。
 あまりの可愛さに見つけた瞬間即強奪頂戴してきたぜ!!!!!!(黙
 しかも灯幸に儚く優しいイメージを持ってくださっている様子……!!! 嬉しいな!!!!
 この困ったような微笑みがたまらん。可愛い。私の嫁にこいよ灯幸(いい加減黙れ 
 
 これを切欠にインフィニティくんとなにか絡めればいいな、なんて……!!(やめろ

 本当にありがとうございましたーーーーー!!!!!!!!!!!



 向井さんのブログをリンクさせていただいた!!!
 こちらのブログもリンクどうぞです!!!! むしろ相互とか嬉しすぎます(黙
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。